2016/03/01

2016年3月1日『ゆる江戸VOL.1 見世物』発売します!

Twitterではちょいちょいとお知らせしてまいりましたが、このたび、冊子を発行する運びとなりました。

image_20160301121252e99.jpg

『ゆる江戸VOL.1見世物』
2016年3月1日(火)20時~発売<現在発売中>
サークル名/大和堂(だいわどう)、著者名/大和 愛(やまと あい)
委託サイト/アリスブックス


お買い求めは↑をクリック!

◆「ゆる江戸VOL.1 見世物」って、どんな内容?◆
江戸時代をゆるく楽しむ、「江戸時代のおもしろさ再発見マガジン」です。
記念すべき創刊号は、見世物。
とかくアンダーグラウンドなイメージがつきものの見世物ですが、
江戸時代の見世物は、実はそうでなかったんですね。
 「じゃあ、どんな見世物があったの?」
 「一体どんなスターが人気だったの?」
そんなあなたの疑問を、ほぼほぼ、だいたいにおいて、解決いたしましょう!
ゆるーく楽しむがテーマですから、どうぞ寝っ転がって気軽にお読みください。
江戸時代のこと、あまり知らないんだけど・・・、という方も大丈夫!
豊富なビジュアルとともに用語解説、補足説明も付いていますのでご安心ください。
まずは、ざっくりと概要をつかんでから、興味をもたれた方は市販の書籍などをぜひどうぞ。
参考文献も掲載していますので、ご活用ください。
きっとそこには、あなたの知らない世界が両手を広げて待っていますよ!

◆ここだけでしか読めない、オンリーワンの企画◆
残念ながら本書は学術書ではありませんから、史料から掘り起こした新しい発見などはありません。
見世物に関する書籍を、片っ端から漁っていけば掲載してある内容です。
ただ、江戸時代の見世物についてはまとまった書籍は多くありません。
今回は、各種見世物の紹介から、きらめくスターたちの列伝、
さらに実際に江戸時代の見世物小屋をバーチャル体験できるコーナー、
そして幕末に海をわたった芸人たちの軌跡など、盛りだくさんの内容を一冊に詰め込みました。
この一冊を最初から最後まで読んでいただければ、江戸時代の見世物や芸人に関するおおよそのことは
インプットしていただけると思います。

また、スペシャル企画として、現代のパフォーマーさんのインタビューも掲載。
江戸時代の見世物についての感想や、ライブの楽しさなどを伺っています。
私は何もかも過去が良かったとは思いませんが、
なるほど、現代人が忘れてしまったものも確かにあるなと改めて気づかされました。
私の机上の調べものに息を吹き込んでいただいて、
よりいっそう、当時の芸人たちの心情にも想像をめぐらすことができました。
とても感謝しています。このインタビューだけでも、ぜひ読んでいただきたいと思います。

さて、初めての同人誌づくり。そして販売。
どれだけの方の手に取っていただけるやら、さっぱりわかりませんが、
できるだけ多くの方にお楽しみいただけたら、
そして江戸時代や、見世物に興味をもっていただけたら
これ以上うれしいことはありません。

どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。
面白かったら、ぜひお知り合いの方に勧めたり、SNSなどで広めてください(^人^)
あなたの心に、いつも・・・いや、たまには、ときどき「ゆる江戸」を!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント