2016/03/12

楽しさがとまらない!「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」を見る

3月2日。午前からの部で観劇してきました。

「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース」
in 大阪松竹座

one_osaka.jpg

もうこれぞエンタメ!超娯楽作品!楽しすぎて我を忘れるひとときでした。
※私は歌舞伎初心者なので、歌舞伎については全く詳しくないのですが、ワンピースはちょうど今回のお話の部分まで読んでました。そして、ワンピース好きの旦那と一緒に行ってきたのです。

まず巳之助さん!ボンクレーが神がかっているという噂は聞いていましたが、全部で3役されてるんですね。ゾロもかっこいい。スクアードも泣ける、切ない!出演者の中では一番の原作ファンとのことで、あふれんばかりの熱情が伝わってくる舞台でした。パンフレットを見ると、ボンクレーばっかり褒められるのはちょっと悲しいと仰っていたようですが、いやいやいや、あの再現度はすごすぎでしょう(笑)。ボンちゃんが、生きて跳ねて泣いて叫んで滝に打たれてる!私はすっかりファンになりました。

市川右近さんの白ヒゲ!熱い海の男たちの父親として、なんという大きさ、なんという優しさ。舞台にいらっしゃるだけで、重みがあります。今回の舞台にあたり、原作の漫画を読まれた役者さんもそうでない役者さんもいらっしゃるようですが、それでも全くお芝居がぶれないのは、やはりその人物それぞれの核心をつかむ演技力をしっかりおもちなんだろうなと思いました。さすが歌舞伎の懐は深い。

それから、現在の大河ドラマ「真田丸」で、悲劇の貴公子・勝頼を演じて話題になった平岳大さん。この舞台ではエース役で出てらっしゃったのですが、最初の登場シーンからエースにしか見えなかった…!あまりにもイメージがピッタリでした。かっこいい…!
センゴク役と、イワンコフ役の浅野和之さんは、さすがとしか…(笑)もうここは、USJなのか、ニューハーフバーなのか(めちゃくちゃ褒め言葉)。めくるめく色彩の洪水と派手な演出に、息つく暇もまなく魅せられてしまいます。

今回、少年漫画を歌舞伎で、という趣向については賛否両論を覚悟のうえで皆さん挑まれたそうで、そのチャレンジ精神がひしひしと伝わってきました。私は、現代の作品を題材にするのは全くありだと思いますし、現代に生きている人が夢中になるエンターテインメントを届けてくださることについては大賛成。江戸時代に生まれた歌舞伎も、まさに当時起こった事件をほぼリアルタイムで舞台化したり、新しい仕掛けや試みをどんどん取り入れてきました。それが今に伝わっているだけなのですから、このワンピースもこれから伝統として受け継がれてもおかしくないくらい。

私はちょうど江戸時代の見世物について調べているところなので、江戸時代にも軽業の名人が歌舞伎の舞台にゲスト出演したり、町で流行りの物まね芸人を歌舞伎の舞台上で役者が褒めたりした、という話を思い出して感無量でした。今、今、今を遊ぶ、いじる、楽しむ。もちろん古典の名作ももっと知りたいと思いますが、江戸時代の歌舞伎小屋の熱狂というのは、まさにこのワンピース歌舞伎の熱狂そのものだったのではないかなと思います。もしかして私、江戸時代の歌舞伎小屋にいるのかな、とあまりの楽しさにクラクラしながら錯覚してしまいそうでした。

最後にルフィ役の猿之助さん、素晴らしかったです。ハンコックとルフィの二役をどうやるんだろうと思ったら…!早替わりも得意だったという幕末の軽業師・早竹虎吉もかくやと思うような、見事な早替わりの連続。一体どうなっているのか、まったく分からないところもあって、拍手、拍手!そして上手な役者さんというのは、客席にいるお客さんのすべてに「今、目があった!」と思わせるのだと聞いたことがありますが、まさに私も旦那も「何度も目があった!!」と言い合いました(笑)つまりそれだけ、魅入られていたんでしょう。帰り際に、原作のルフィの絵を見て「もう猿之助にしか見えなくなった」と旦那が言っておりました。

この舞台のために、ゆずの北川さんが作られたという主題歌「TETOTE」。あまりにもピッタリはまっていて、最初はアニメの主題歌なのかな?と思ったほどでした。演出も最先端の技術が駆使されていて、スタッフの方々の力の入りようもビシビシ感じました。ほんとうに素晴らしい公演。チケットがとれるものなら、何度でも行きたいくらいでした。

キャストならびにスタッフのみなさま、ありがとうございました。まだまだ公演は続いていますし、次は博多座公演も控えていますね。心から応援しております。


<余談>
入場してすぐにワンピース弁当を買う列にならび、パンフレットと一緒にゲットしてからお手洗いに行ったら、もうお弁当は売り切れてました。狙っている方は、入場後真っ先に列に並んだほうがいいですよ~~。

スポンサーサイト